輸入ドッグフードは正規と並行を見分けよう

海外の商品でよく目にする「正規輸入品」と「並行輸入品」。なんだか違いが分からない・・・。そんな方もいると思います。

 

この正規輸入品と並行輸入品はカナガンドッグフードにも当てはまります。ドッグフードではどのような違いがあるのかを調べてみました。

 

 

それぞれの違いは何?

 

 

正規輸入品とは

正規輸入品というのは、海外で生産されているものを日本で使用するという前提のもと製造・管理しています。

 

製造から輸出にいたるまで、日本の気候や日本の環境に合わせながら日本専用として輸入されたものをいいます。

 

並行輸入品とは

並行輸入品というのは、生産国で製造されたものをそのまま日本に輸入することをいいます。

 

日本向けに製造されたものではないため、輸出時に劣化するなどのデメリットがある反面、価格は安く済むことが多くなっています。

 

カナガンドッグフードを楽天で買おうとした場合、この並行輸入品の可能性が高いのでよく見ておきましょう。

 

食べ物関係は正規輸入品を

この正規・並行を「本物・偽物」と判断してしまう人もいますが、実際には上記のとおりなんです。

 

なので、時計やバッグなどの「物」の場合は、価格が安い並行のほうがお得な感じがします。

 

 

フードの場合は条件が変わる

食べ物の場合は気候や温度などの影響を受けるため、寒い国で製造されたものが湿気のおおい日本輸入されるとなると劣化が進む可能性が高くなります。

 

並行輸入品のドッグフードの場合このようなデメリットがあるためあまりいい選択肢とはいえません。特に、高級ドッグフードメーカーは寒冷地(カナダなど)が多いので、正規でなく並行輸入した場合はこういった品質の劣化の可能性はさらに高まります。

 

 

安全な食のためにも正規輸入品を利用しましょう

せっかくの高級ドッグフードであっても、並行輸入の場合本来のパフォーマンスを得ることができないことも。

 

せっかく買った高級ドッグフードの力を最大限発揮するためにも、日本のワンちゃんのためにしっかりとつくられたドッグフードを選びましょう。